住まいの提案、石川。

vol.9 住まいの提案石川

「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

場所に存在する目に見えない価値を引き出す

時間の経過とともに価値が増す空間をつくる

基本的な話から始めると、住宅建築は施主・敷地・時代の3つのアイデンティティに対してどのようなアプローチをするかによって違いが出ると考えています。その中でも私は、敷地に価値ある何かを見つけて引き出し、施主の個性と結びつけることが私の役割だと思っています。施主が気づかない些細な環境であっても、設計にとっては実はすごく重要だったりします。

200坪の敷地に新築した平屋建ての住宅。時間をかけて公園のような環境をつくり、住宅街区の角地にうるおいをもたらす。軒の深い 大きな屋根によって長期間の耐久性を維持している。杉板、大谷石、ヒバの建具枠など、時間と共に風合いの出る素材を選択した。

また、住宅には、建築と呼べるものと呼べないものがあります。建物の存在価値が継続する時間が短い店舗的なものは、建築とは言えません。長い期間に耐え、時間とともにその空間の価値が増していくものが建築と呼べるものではないでしょうか。新築であろうと改築であろうと、私はそういう空間の在り方を大事にして設計したいと考えています。

住宅は特定の家族とともに生きていく建物ですが、たとえ住む人が変わったとしても、その家を見つけた人が「住みたい」と共感できるような家をつくりたいと思っています。

明治初期に建てられた1棟を残し、昭和期に建てられた2棟を解体して新たに平屋を増築した「東山の家III」。 駐車2台のスペースと2つの庭も確保した。新旧をつなぐ中央の円筒状の空間はキッチンになっている。

何年か経ったら改装しようと思われる家ではなく、代え難い何か、変えない方が良いと思われる何かを設計で遺したいと強く思います。そのためにも、施主・敷地・時代の状況を空間として一体的に洞察し、建築として新しいプランや形態、素材に表現する必要があると考えています。

新築の場合は、住宅が立地する場所の周辺環境にヒントがあります。東西南北の方位は、春夏秋冬の風向き、地面の高低などもそのひとつです。改築という制約された条件においても、面白いものは何か必ず発見できます。その住宅を見て、残った空地にどんな庭を設けるか、陽の射しこむ向きはどうか、この壁を窓に替えたら何があるかなど、現地を見てイメージを膨らませてヒントを探ります。そして、出来上がった住宅に住む家族がその家での暮らしを大事に思ってもらえるように、家づくりを通していろいろな考え方を提案したいと考えています。

杉の列柱がリビングとキッチンを程よく隔て、 心地よい家族の距離感をつくっている。

YOSHIYUKI TANISHIGE 谷重 義行

谷重義行建築像景/代表・一級建築士

広島県出身。東京の設計事務所を経て、国立石川工業高等専門学校建築学科やケニア共和国の農工大学建築学科にて講師を務めた経歴を持つ。1996年建築像景研究室を設立し、設計活動開始。2001年より『谷重義行建築像景』を主宰する。2020年には、手がけた2軒の店舗で同時に【第42回金沢都市美文化賞】を受賞。その他、受賞多数。工学修士。宅地建物取引士。NPO法人茅葺き文化研究会 専務理事。

谷重義行建築像景
〒921-8034 金沢市泉野町4-22-15 tel 076-280-1456
https://www.archi-tao.jp

住まいの提案、石川。VOL9 は石川県各店で発売中です(2022年6月18日発売)。Amazonでも販売しています。下記より購入ができます。WEBではご紹介できない住宅建築実例集や家造りの情報が満載です。

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。金沢工業大学を卒業後、東京の設計事務所などを経て、1996年石川県にてTOI設計事務所を創業、2004年『株式会社トイットデザイン』として法人化。数多くの住宅や、商業空間、医療施設などの設計・監理を手がけている。
「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

広島県出身。東京の設計事務所を経て、国立石川工業高等専門学校建築学科やケニア共和国の農工大学建築学科にて講師を務めた経歴を持つ。1996年建築像景研究室を設立し、設計活動開始。2001年より『谷重義行建築像景』を主宰
「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。愛知工業大学卒業後、東京の店舗設計施工会社などを経て、2014年、石川県にて一級建築士事務所SWAY DESIGNを開設。2018年株式会社SWAY DESIGNとして法人化。不動産の有効活用を提案する不動産事業をはじめる。
「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

福井県出身。金沢工業大学を卒業後、ゼネコンや大手住宅会社などでの勤務を経て、1992年、石川県金沢市に一級建築士事務所 『でざいん こま』 を開設。日曜大工など物作りが大好きで、家づくりにおいても造作家具や造作建具など細部に活かされている。
食と空間 File.3

食と空間 File.3

緑豊かでどこか懐かしい湯涌温泉の小さなメイン通りにひっそりと佇む「カフェ レンテ」。レンテという店名はヨーロッパで古くから用いられている格言であるラテン語の「Festina Lente」(ゆっくり急げ)から、ゆっくりと寛いで欲しいという想いからつけられたのだそう。
この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

海に寄り添うように広がる内灘町。シーサイドのロケーションに憧れて、県内外から移住する人が増えています。社会インフラが整ったコンパクトシティならではの魅力について町の移住定住促進担当者に聞きました。
この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

石川県のほぼ真ん中に位置する津幡町。金沢に隣接する人気のベッドタウンで、近年は若いファミリーの移住者が増えています。町役場のご担当者に「選ばれる理由」をお伺いしました。
食と空間 File.2

食と空間 File.2

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。
朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていましたが新しい家の性能に満足している。
冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家。家の裏手が市街化調整区域という条件を生かして最大限に開放感のある空間を作り出している。
家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日 かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にと...
食と空間 File.1

食と空間 File.1

食の職人は、食だけにこだわっているか。建築の職人は、建築だけにこだわっているか。あらゆるジャンルにとことんこだわる職人がいる。「食」と「空間」の美、石川の魅力的な店舗を巡る。 OU...