住まいの提案、石川。

vol.9 住まいの提案石川

食と空間 File.2

食と空間 File.2

自然光に包まれてほっこりする時間を

ノスタルジックな鶴来の町並みの片隅、どこか懐かしい小さな門をくぐり2階へと上がるとほっとするカフェが。

自然光に包まれる明るい店内。

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。

元々は住居兼歯医者だった地区60年~70年の古民家をリフォームしたもの。過去から伝わるものを活かして、最新の技術で新しく生まれ変わる。既存の柱や梁などはそのまま残し表に表すデザインにすることでより深みのあるホッとあたたかい空間が完成した。 店内に飾られたドライフラワーや窓際に飾られた、たまごをモチーフにしたオブジェも手作りのもの。空間からお店の空気感に至るまで丁寧で可愛く仕上がっている。

ノスタルジックな小さな門。
可愛いたまごのオブジェがお出迎え。
階段の先にはカフェ空間が。
柱や梁など古き良きを表にだしつつ新しさも感じられるデザイン。
小さなお子様でも安心してくつろげるように小上がり席も。

ママが作り上げた丁寧でやさしいお店

動くとふるふる揺れるパンケーキの完成。
季節限定!鮮やかな見た目も可愛い苺のWクリームパンケーキ1,300円
こっくりとしているのに重くないクリームとメープルシロップをたっぷり絡めていただくメープルパンケーキ900円

 かつてパンケーキ屋で働いていた2人のママが「いつか一緒に」という夢を実現させたパンケーキ屋さん。店名の「たまごのゆめ」はそんな2人のママの「夢」とパンケーキに欠かせない材料である「たまご」がおいしいパンケーキになることを夢見て…という可愛い物語が込められている。

丁寧に料理を作り上げる店主。

 たまごのゆめのパンケーキはとろけるタイプとケーキタイプのちょうど中間。夢のようなふんわり感なのにしっかり食べてる感もある独特の生地は丁寧に丁寧に研究されて出来上がったもの。テーブルに運ばれる、ふるふると揺れる見た目も可愛らしいパンケーキには思わず顔もほころぶこと間違いなし。定番メニューの他にも季節メニューも用意されているのでその時その時の旬を楽しめるのも嬉しい。

パンケーキが隠れちゃうほどたっぷり野菜が盛られた季節野菜のサラダパンケーキ1,200円
パンケーキ以外にも楽しめる季節のランチ(限定10食)1,200円

 パンケーキの他にも季節限定のランチメニューが選べる。旬の野菜をたっぷり食べられるように工夫されていたり、ソースやドレッシングはもちろん、レモネードやジンジャエールなどドリンクに至るまで、たまごのゆめはほとんどが手作り。窓側は広々と使えるベンチ式。席ごとにコンセントが備え付けられているので携帯の充電や、セカンドオフィスとしても利用できる。小上がり席はママたちが気兼ねなくのんびりくつろげるように設計された。食事も、空間も丁寧にやさしく作られているからこその心ほどけるほっこり感を味わえる。

店主の福島やすこさん。丁寧な料理と空間を提供してくれる、鶴来ノルタルジックカフェ。
たまごのゆめに隣接している美よう処和凛。衣食住を一つの建物に宿らせるというテーマを見事に再現している。
たまごのゆめ1階はデザインした建築昌英オフィス。木組みの家造りなどの日本の伝統構法を大切にしながらも、現代の生活に合うものを作り上げる事を得意とした建築会社。

たまごのゆめ

白山市鶴来上東町カ45 2F
tel 090-8968-0659
営業時間 11:00〜17:00(L.O.16:00)
定休日 不定休

住まいの提案、石川。VOL9 は石川県各店で発売中です(2022年6月18日発売)。Amazonでも販売しています。下記より購入ができます。WEBではご紹介できない住宅建築実例集や家造りの情報が満載です。

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。金沢工業大学を卒業後、東京の設計事務所などを経て、1996年石川県にてTOI設計事務所を創業、2004年『株式会社トイットデザイン』として法人化。数多くの住宅や、商業空間、医療施設などの設計・監理を手がけている。
「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

広島県出身。東京の設計事務所を経て、国立石川工業高等専門学校建築学科やケニア共和国の農工大学建築学科にて講師を務めた経歴を持つ。1996年建築像景研究室を設立し、設計活動開始。2001年より『谷重義行建築像景』を主宰
「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。愛知工業大学卒業後、東京の店舗設計施工会社などを経て、2014年、石川県にて一級建築士事務所SWAY DESIGNを開設。2018年株式会社SWAY DESIGNとして法人化。不動産の有効活用を提案する不動産事業をはじめる。
「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

福井県出身。金沢工業大学を卒業後、ゼネコンや大手住宅会社などでの勤務を経て、1992年、石川県金沢市に一級建築士事務所 『でざいん こま』 を開設。日曜大工など物作りが大好きで、家づくりにおいても造作家具や造作建具など細部に活かされている。
食と空間 File.3

食と空間 File.3

緑豊かでどこか懐かしい湯涌温泉の小さなメイン通りにひっそりと佇む「カフェ レンテ」。レンテという店名はヨーロッパで古くから用いられている格言であるラテン語の「Festina Lente」(ゆっくり急げ)から、ゆっくりと寛いで欲しいという想いからつけられたのだそう。
この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

海に寄り添うように広がる内灘町。シーサイドのロケーションに憧れて、県内外から移住する人が増えています。社会インフラが整ったコンパクトシティならではの魅力について町の移住定住促進担当者に聞きました。
この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

石川県のほぼ真ん中に位置する津幡町。金沢に隣接する人気のベッドタウンで、近年は若いファミリーの移住者が増えています。町役場のご担当者に「選ばれる理由」をお伺いしました。
食と空間 File.2

食と空間 File.2

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。
朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていましたが新しい家の性能に満足している。
冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家。家の裏手が市街化調整区域という条件を生かして最大限に開放感のある空間を作り出している。
家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日 かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にと...
食と空間 File.1

食と空間 File.1

食の職人は、食だけにこだわっているか。建築の職人は、建築だけにこだわっているか。あらゆるジャンルにとことんこだわる職人がいる。「食」と「空間」の美、石川の魅力的な店舗を巡る。 OU...