住まいの提案、石川。

vol.9 住まいの提案石川

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

日々刻々と変わる窓からの景色

裏側から見たS邸外観。リビングの大きな窓が外からも目を引く。右下)白を基調としたリビング。外からの視線を感じることなく、自然とつながる。

冬うらら。薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家だ。

家の裏手が市街化調整区域という条件を生かしてリビングを2階に配置し、最大限に開放感のある空間を作り出している。

「子どもが成長しても自分の部屋に籠らず、リビングに長く居てくれる家にしたかった」と話すご主人が、この家づくりで特にこだわったのが、大きな窓のある空間だった。南東を向いた窓は当初、高さが30センチほど低い設計で予定していたが、より開放感のある空間を求めた結果、床から天井までのすべてを窓にしたのだという。

窓から見える景色は、四季を通じて日々刻々と姿を変える。夜のうちに雪が深々と降り積もった翌朝は、見渡す限り白一色の銀世界が広がり、晴れ間には雪に反射した光が室内を明るく照らしてくれる。冬の晴れ間に差し込む陽の光は希望に満ち溢れ、光と影が生み出すコントラストに自然の造形美を感じる暮らしがここにある。 北陸の冬の厳しさも優しさも、陽の光の強さも繊細さも肌で感じながら暮らす家は、住む人の心を豊かに育てていく。

白山麓の豊かな自然が見渡せるキッチン。
白を基調としたリビング。外からの視線を感じることなく、自然とつながる。
リビングの引き戸をすべて開いた状態。窓から入る光が2階フロア全体に行き渡る。

断熱性を高めて、冬も明るい家をつくる

窓から見える景色が何よりの楽しみというSさんご夫婦。天気の良い日も雨の日も、それぞれの良さを感じている様子だ。

日の出から日の入りまでの時間が短い冬の時期は、部屋に光が差し込む時間が少ない。さらに、低い位置から差す冬の太陽光は、室内まで届きにくく、南側にリビングがあったとしても1階の場合は暗くなりがちだ。しかし、S邸の場合、リビングを2階に配したことと、高い位置まで窓を設けたことで、冬の貴重な光を家中に取り込む明るい家が仕上がった。

S邸の設計・施工を手掛けたハンズスタイルでは、断熱性能の高いYKK APのトリプル樹脂サッシを標準仕様とし、断熱性と気密性にこだわることで大開口窓を採用しても快適に暮らせる家づくりを得意としている。これほど窓が多い開放的な空間でありながらも、エアコンだけで充分に冬の暖かさを保てているのだから驚きだ。

秋頃に撮影したSさんご一家。のどかな田園風景を背景に、のんびりと楽しむおやつの時間。
室内窓を介して明るい光が階段まで届く。

窓は、見た目のデザインだけでなく、間取りや立地条件に応じて最適解を見いだし、窓の用途や中から見た時のバランスなども考慮し、種類や大きさ、位置を決めているという。

さて、自然豊かな地域にマイホームを建てたSさんご一家だが、実はご夫婦ともにインドア派。新しい家では、外の景色をぼんやりと眺めて、四季折々の自然を感じながらゆったりと過ごす時間がお気に入りだ。

「リビングの窓から子どもの登下校の姿を見るのが、今からとても楽しみです」と話す奥様。愛着の持てる住まいには、住み始めてからも夢が広がっていく。

広めの土間スペースは、お子様の冬場の遊び場に。

HANDS STYLE
〒921-8016 金沢市東力町ニ178番地
tel076-209-2770
http://hands-style.co.jp

住まいの提案、石川。VOL9 は石川県各店で発売中です(2022年6月18日発売)。Amazonでも販売しています。下記より購入ができます。WEBではご紹介できない住宅建築実例集や家造りの情報が満載です。

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

「戸井 建一郎」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。金沢工業大学を卒業後、東京の設計事務所などを経て、1996年石川県にてTOI設計事務所を創業、2004年『株式会社トイットデザイン』として法人化。数多くの住宅や、商業空間、医療施設などの設計・監理を手がけている。
「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

「谷重 義行」建築家が語る、住まいづくりの視点

広島県出身。東京の設計事務所を経て、国立石川工業高等専門学校建築学科やケニア共和国の農工大学建築学科にて講師を務めた経歴を持つ。1996年建築像景研究室を設立し、設計活動開始。2001年より『谷重義行建築像景』を主宰
「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

石川県小松市出身。愛知工業大学卒業後、東京の店舗設計施工会社などを経て、2014年、石川県にて一級建築士事務所SWAY DESIGNを開設。2018年株式会社SWAY DESIGNとして法人化。不動産の有効活用を提案する不動産事業をはじめる。
「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

「小松 雄二」建築家が語る、住まいづくりの視点

福井県出身。金沢工業大学を卒業後、ゼネコンや大手住宅会社などでの勤務を経て、1992年、石川県金沢市に一級建築士事務所 『でざいん こま』 を開設。日曜大工など物作りが大好きで、家づくりにおいても造作家具や造作建具など細部に活かされている。
食と空間 File.3

食と空間 File.3

緑豊かでどこか懐かしい湯涌温泉の小さなメイン通りにひっそりと佇む「カフェ レンテ」。レンテという店名はヨーロッパで古くから用いられている格言であるラテン語の「Festina Lente」(ゆっくり急げ)から、ゆっくりと寛いで欲しいという想いからつけられたのだそう。
この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 内灘町 vol.3号特集記事

海に寄り添うように広がる内灘町。シーサイドのロケーションに憧れて、県内外から移住する人が増えています。社会インフラが整ったコンパクトシティならではの魅力について町の移住定住促進担当者に聞きました。
この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

石川県のほぼ真ん中に位置する津幡町。金沢に隣接する人気のベッドタウンで、近年は若いファミリーの移住者が増えています。町役場のご担当者に「選ばれる理由」をお伺いしました。
食と空間 File.2

食と空間 File.2

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。
朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていましたが新しい家の性能に満足している。
冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家。家の裏手が市街化調整区域という条件を生かして最大限に開放感のある空間を作り出している。
家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日 かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にと...
食と空間 File.1

食と空間 File.1

食の職人は、食だけにこだわっているか。建築の職人は、建築だけにこだわっているか。あらゆるジャンルにとことんこだわる職人がいる。「食」と「空間」の美、石川の魅力的な店舗を巡る。 OU...