住まいの提案、石川。

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

冬の朝もすっきりと目が覚める家

日当たりが良く、明るく開放的な雰囲気が印象的なM邸のリビング。どこにいても家族の様子が見渡せる。

暖冬と言われても、北陸の冬は寒い。窓の外に雪がちらつく冬の朝もすっきりと目が覚めて、軽やかに1日の活動を始められる家は、住み心地の良さの証ではないだろうか。

 桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。

「以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていました。今は、帰宅して玄関ドアを開けた瞬間も以前のような寒さを感じることはありませんね」と、新しい家の性能に満足している。

Mさんご一家が選んだ床下エアコンとは、床下に設置した高性能エアコンから暖気を送り、輻射暖房効果で全館暖房を実現するシステム。一見、床暖房と同じように見えるかもしれないが、設置した場所だけを温める床暖房とは異なり、床下全体を温めて暖気を室内に広く行き渡らせることができる。室内の暖かさを再利用する省エネ効果もあるほか、冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻すため、空気の乾燥を防ぐ効果も期待できるという。

M邸の空調に使われている床下エアコン。
設備は目立たない場所に収納されているため、すっきりとした印象。床の通気孔から伝わる暖気が室内を暖める。

Mさんご一家は、ハンディキャップを持つお子さんが床をずり這いする事情もあり、当初は床暖房を検討していた。だが、床暖房による低温やけどの心配や故障した場合の設備の入れ替えのしやすさも考慮して、桐工房が提案したのが床下エアコンだった。

夏も冬も過ごしやすい家になり、心にもゆとりが生まれたMさんご夫婦。家で過ごす何気ないひとときが特別な時間だ。
LDKから自由にアクセスできる使い勝 手の良い土間スペースで、木材を使っ た趣味のものづくりを楽しむご主人。 本格的な薪棚もDIYで製作した。

快適な家は、心と時間のゆとりをつくる

ご主人のDIYスペースに置かれたハスクバーナのチェンソー。パワフルで頼もしい相棒だ。

Mさんの住まいは、1階だけで生活のほぼすべてが完結する。手洗いや入浴などのサポートが必要なお子さんの介助がしやすいようにと設計された広々とした水回り、どこにいても家族の気配が感じられる吹き抜けのある空間設計が特徴的だ。

開放的な空間であればあるほど、暖房効率が気になるところだが、M邸には基礎断熱と床下換気、床下エアコンに加えてマーベックスの「澄家」第一種熱交換型セントラル換気システムを併用することで、家中どこにいても快適な室温が保たれている。

奥様の趣味は、手芸と木工。冬の巣ごもり時間が趣味の時間に。2階の一角には、手芸道具や小物が並べられている。
土間スペースには薪ストーブも備えたM邸。薪の調達や薪割りも楽しみながら、冬を待つ。

「以前は、夏は暑く冬は寒い家でした。トイレや水回りは特に酷く、床を這って動く子どもにはとても厳しい環境だったと思います。私たちにとっても同様に、トイレには専用の暖房設備を置いていたほどです。今の家は水回りも暖かいので大変満足しています」

快適空間を実現した新しい家では、ご主人はDIY、奥様は手芸や木工など、それぞれの趣味に時間を割く余裕も生まれた。床下エアコンのシステムで充分暖かいM邸ではあるものの、この冬は初めての薪ストーブの活用も楽しみにしているという。 家族みんなが温もりに包まれて巣ごもりを楽しむ冬の時間。Mさんご一家の新しい冬の暮らしが始まった。

DIYとは思えないほど見事に仕上がった手作りの薪棚には、びっしりと薪が収納されている。
小高い場所に建つM邸は、2階の窓からの眺めが気持ち良い。

桐工房
〒921-8002 金沢市玉鉾5丁目1
tel 076-259-0878
http://kiriko-bo.com/

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

石川県のほぼ真ん中に位置する津幡町。金沢に隣接する人気のベッドタウンで、近年は若いファミリーの移住者が増えています。町役場のご担当者に「選ばれる理由」をお伺いしました。
食と空間 File.2

食と空間 File.2

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。
朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていましたが新しい家の性能に満足している。
冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家。家の裏手が市街化調整区域という条件を生かして最大限に開放感のある空間を作り出している。
家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日 かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にと...
食と空間 File.1

食と空間 File.1

食の職人は、食だけにこだわっているか。建築の職人は、建築だけにこだわっているか。あらゆるジャンルにとことんこだわる職人がいる。「食」と「空間」の美、石川の魅力的な店舗を巡る。 OU...
この街で、心地いい暮らし – 能美市 vol.07号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 能美市 vol.07号特集記事

「どの街で家を建てるか」は「どんな家を建てるか」と同じくらい人生を左右する重要なポイントです。石川県内の市町をクローズアップし、その魅力や暮らしやすさについてご紹介します。 能美市...
料理がもっと楽しくなる家族みんなのキッチン vol.07号特集記事

料理がもっと楽しくなる家族みんなのキッチン vol.07号特集記事

吹き抜けのある開放的なLDKに置かれた造作キッチンを中心に、ダイニング、ウッドデッキ、庭へとつながるM邸。キッチン上には2階の空間とつながる室内窓が設けられ、1階のリビングや和室だ...