住まいの提案、石川。

「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

「永井 菜緒」建築家が語る、住まいづくりの視点

未来をフラットに考える家づくり

住む人にとってのベストな答えを見つける

SWAY DESIGNという社名には、「持続可能な手段をデザインする会社」という意味を込めています。私たちは、新築だけでなくリフォーム、賃貸、セミオーダー、手放し方までも含めて、ライフスタイルや価値観などに応じたそれぞれの家の持ち方を提案したいと考えています。

もともと囲炉裏が置かれていた部分を板張りとし、畳だった部分は床板を張りモールテックスを 塗って仕上げた。異素材の組み合わせにより、デザイン性の高い独自の空間に生まれ変わった。
障子などの和の要素を残しつつも、古民家に現代的な要素を融合した鳥越の住居。

当社でこれまで手がけてきたものはリノベーションが多いのですが、それぞれの物件が持つ強みを見出して、古い要素と新しい要素を組み合わせながら、同時にデザイン性を追求しています。

代々受け継がれてきた家に若い世代の人が住み続けるのは、どうしても難しい側面があると思います。新しい働き方や価値観が浸透してきたこの時代に、古くからのしがらみや因習が残る地域に住み続けること自体も難しくなっていると感じます。

古い和室を洋風のダイニングルームにリノベーションした一例。さまざまな時代がミックスしたような独特の 雰囲気は、新築にはない魅力。床材を使って製作したオリジナルのテーブルがこの空間によく馴染んでいる。

その家は、„持続されてきた家〝かもしれませんが、そこに住む人の生活や将来、家族関係という視点で見ると明るい未来をなくしてしまう家かもしれません。ですから、「今の家を残したい」というお客様には、今後の維持管理を考慮してあえて新築を提案することもありますし、不動産として所有する方法をおすすめする場合もあります。当たり前のように「新築で建てたい」と思っているお客様にも必ず「家を買う目的は何ですか」と最初に聞き、本当にそれがベストな答えかどうかということも含めて問い直しています。

地上4階建ての鉄骨造の専用住宅。リノベーションにより外観からは想像もつかない 空間を創り出している。寝室は海外のホテルのような洗練された雰囲気。
中古マンションを改修し、半分だけ仕上げた状態で販売 する事業も展開。「ハーフ・ビスポウク」と名付けた金沢 市里見のマンションは、自分好みにカスタマイズできる。
施主は自宅でエステサロンを営んでいる。窓の向こうに見える庭の緑が空間に瑞々しい印象を与えている。SWAY DESIGNでは店舗併用住宅も多く手掛けている。
古い和室を洋風のダイニングルームにリノベーションした一例。さまざまな時代がミックスしたような独特の 雰囲気は、新築にはない魅力。床材を使って製作したオリジナルのテーブルがこの空間によく馴染んでいる。
モールテックス仕上げのカウンターが印 象 的 な サニタリース ペ ー ス 。ア ン ティーク調の水栓や鏡もどこか外国風。
カウンター奥のステップを昇ると施術台がある。縦空間を有効活用したことで、変化のある雰囲気に。

NAO NAGAI 永井 菜緒

株式会社 SWAY DESIGN/代表取締役・一級建築士

石川県小松市出身。愛知工業大学卒業後、東京の店舗設計施工会社などを経て、2014年、石川県にて一級建築士事務所『SWAY DESIGN』を開設。2018年『株式会社SWAY DESIGN』として法人化。住宅・オフィス・店舗のリノベーションを多く手がける傍ら、設計者の視点から物件の価値や課題を整理し、不動産の有効活用を提案する不動産事業をはじめ、解体コンサルティングサービス「賛否解体」、中古物件買取再販サービス「よいチョイス」の事業を展開。宅地建物取引士。

SWAY DESIGN
本社
〒921-8034 金沢市泉野町6丁目1-1 tel 076-255-0690
小松事務所 〒923-0854 金沢市大領町つ7-2
sway-design.jp

VOL.12 住まいの提案、石川。 ¥300

VOL.11 住まいの提案、石川。 ¥300

VOL.10 住まいの提案、石川。 ¥300

VOL.9 住まいの提案、石川。 ¥300

VOL.8 住まいの提案、石川。 ¥300

VOL.7 住まいの提案、石川。 ¥300

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

− 店舗兼用住宅 −「サロンと自宅。三角形はふたつ」空間デザインと照明計画で”非日常”を演出 asita – ディレクト

− 店舗兼用住宅 −「サロンと自宅。三角形はふたつ」空間デザインと照明計画で”非日常”を演出 asita – ディレクト

白山市の、とある住宅地。角地をとらえた航空写真が面白い。正方形の敷地に、長辺を向かい合わせるようにサイズの異なる三角形がたっている。ふたつ並んだ建物の正体を明かせば、小さい三角がプライベートサロン「asita」、大きい三角がご夫婦と二人のお子さんが暮らすIさんご一家の居住空間だ。
− 店舗兼用住宅 −「空き家をリノベ。ほっとやすらぐカフェに」仕事も、暮らしも”心地いい”を求めて CAFE BALMY – 大同建設

− 店舗兼用住宅 −「空き家をリノベ。ほっとやすらぐカフェに」仕事も、暮らしも”心地いい”を求めて CAFE BALMY – 大同建設

小松市役所から徒歩1分、火曜から金曜の昼だけ開く素敵なカフェがある。「CAFEBALMY」。店名の書かれた看板がなければ見落としてしまいそうな街中の隠れ家もまた、仕事と暮らしを両立した店舗併用住宅だ。
− 店舗兼用住宅 −「オンとオフ。暮らしにスイッチを」ライトグレーの外観が美しいサロンアンティーク家具が彩る癒しの空間 hair salon Eimmy – 樋爪住宅研究所

− 店舗兼用住宅 −「オンとオフ。暮らしにスイッチを」ライトグレーの外観が美しいサロンアンティーク家具が彩る癒しの空間 hair salon Eimmy – 樋爪住宅研究所

プライベートな時間を大切にしながら、仕事にも全力で熱意を傾ける。そんな理想の”職住一体“を実現する店舗併用住宅の上手な実践例が、金沢市田上本町のヘアサロン「Eimmy」だ。
無垢の杉材に囲まれて暮らす家族とペットにやさしい平屋「木の彩(KINOIRO)」

無垢の杉材に囲まれて暮らす家族とペットにやさしい平屋「木の彩(KINOIRO)」

スペシャルリポート「木の彩」(KINOIRO)無垢の杉材に包まれて暮らす家族とペットにやさしい平屋ガルバリウム屋根とレッドシダー木材をバランスよく配した外観。深みのあるカーキの吹き付け塗装の色調は、施主がもっともこだわったところ。
スペシャルリポート「桐工房」

スペシャルリポート「桐工房」

スペシャルリポート「桐工房」将来を誓い合った若い二人は南の島のリゾートへ。子どもが産まれてからはにぎやかなテーマパークで一緒に遊ぶ。そして、育児がひと段落した後は文化の薫る街をぶらりと巡る。人生を歩んでいく中で、”旅“の目的地はどんどん変わっていく。同じように、家族構成や趣向の変化に合わせ、くらし方ももっと自由に楽しめたらいい。
この街で、心地いい暮らし Episode.6 – 羽咋市

この街で、心地いい暮らし Episode.6 – 羽咋市

豊かな自然に囲まれ、金沢へは車で約40分という立地から”ほどよい田舎暮らし“が楽しめる羽咋市。地域住民が交流しながらコミュニティを築く、未来志向のまちづくりについて市の移住定住担当者に聞きました。
食と空間 File.6 「欧風ビストロ GRIVE」

食と空間 File.6 「欧風ビストロ GRIVE」

JR小松駅すぐそばに佇むどこかレトロな雰囲気の欧風ビストロGRIVE(グリブ)。ナチュラルな暖かさを感じさせる優しい外観とは対照的に、一歩足を踏み入れると現れるのは、重厚な蔵の入り口。昭和7年に建てられた石蔵を、創作フレンチのレストランにリノベーションした。
癒やしの借景窓 〜外と中をつなぐ閉じない建築〜

癒やしの借景窓 〜外と中をつなぐ閉じない建築〜

どんな立地の住まいでも窓から望むことができる美しい景観が必ずある。郊外であれば緑が溢れる自然の風景住宅地であっても青い空と白い雲が見える。窓を緻密にデザインし外から中へと流れるよう...
食と空間 File.5-1 「Angolo CAFFE」

食と空間 File.5-1 「Angolo CAFFE」

金沢駅東口から徒歩10分ほど。ノスタルジックな雰囲気が魅力的な金沢市笠市町に佇むのは一つの町屋を改装したカフェ、創作イタリアンレストラン、ホテル、花屋が併設された複合施設。 築13...
食と空間 File.5-2 「ORIGO」

食と空間 File.5-2 「ORIGO」

金沢駅東口から徒歩10分ほど。ノスタルジックな雰囲気が魅力的な金沢市笠市町に佇むのは一つの町屋を改装したカフェ、創作イタリアンレストラン、ホテル、花屋が併設された複合施設。 築13...
この街で、心地いい暮らし Episode.5 – かほく市

この街で、心地いい暮らし Episode.5 – かほく市

「どの町に家を建てるか」は「どんな家を建てるか」と同じように、人生を左右する重要な選択です。石川県内の市町をクローズアップし、その魅力や暮らしやすさについてご紹介します。8年連続で人口が増加し、2022年には小学生の増加数が石川県内最多となるなど、”伸びざかりのまち“として注目されるかほく市。
たもたれる家-心地よく過ごせる家とはどんな家だろう-

たもたれる家-心地よく過ごせる家とはどんな家だろう-

家のどこにいても、気持ちのよい温度に保たれている家もそのひとつ。10年、20年と住み継がれても、丈夫に保たれている家もそのひとつ。日々の暮らしのなかで家族の安らぎと笑顔が保たれる家もそのひとつ。住み心地のよい家に求められる性能はいろいろあるけれど、家をよい状態で長く保ったり、どこにいても適温が保たれるために必要な性能について考えてみたい。