住まいの提案、石川。

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日

かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にとって、火はごく自然に暮らしの真ん中にある。

最初に使ったのは、事務所の暖房用に導入したネクター社の「ピキャンオーブン」。その後、より高い性能を求めて、容量が大きく暖房能力が高い「マーク2ネクターCB」を導入し、コンセプトハウスとして建てた自邸にも同じくネクター社の「ピキャンバロッサ」を備えた。いずれも肌寒さを感じ始める秋口から6月の梅雨時期まで使用し、Mさんご一家の暮らしに欠かせない存在となっている。

Mさんご一家が愛用するネクター社の薪ストーブは、小型ながら強力な火力を誇る。高い熱効率で吹き抜けの大空間リビングをパワフルに暖めている。

Mさんご夫婦がネクター社のストーブを愛用するのは、優れた機能性はもとより、そのデザイン性にある。直線的でシンプルな印象の薪ストーブは、和洋問わずさまざまな雰囲気の空間に合わせやすく、すっきりとしたデザインを好むMさんの家によく馴染んでいる。

暖房器具としては言うまでもなく、お気に入りの鉄瓶でお湯を沸かしたり、厚手の鍋で煮込み料理を楽しんだり、グラタンや手作りピッツァを焼いたりと、火を中心にさまざまな用途が広がる薪ストーブは、冬の寒さを楽しみに変えてくれる最高のパートナーだ。

薪ストーブの熱を無駄なく使い、さまざまな料理を楽しむ。リビングに漂う美味しい香りもご馳走。
M邸の庭の薪棚にずらりと並ぶ薪の量は圧巻。奥様のお父様の協力も得ながら、冬場の備えを欠かさない。
平屋風2階建ての大きな屋根が目を引く夕刻のM邸。
前の道路を挟んで向かいに建つMさんの事務所は、山小屋風の外観が印象的。職住近接のスローな暮らしで、家族の時間を大切に守る。
事務所の薪ストーブもネクター社の製品。年季の入ったロッキングチェアがよく似合っている。

少し手間がかかっても、尽きない楽しみ

Mさんご一家の夕食の様子。大きなダイニングテーブルもあるが、冬場は薪ストーブの前でできたての料理を楽しむのが日常。

薪ストーブへの憧れがありながらも導入に躊躇いがちなのは、使い方や維持管理、何より薪の調達や薪割りが難しそうに見えてしまうからだろうか。だが、自分で手足を動かさなくてもあらゆることが便利に、スマートにできてしまうこの時代に、少し手間のかかる道具が身近にある暮らしは、目に見えない心の豊かさを気づかせてくれる。

新しい家を建ててから、日に日に料理の腕を上げているご主人。薪ストーブで焼く手作りピッツァは格別の美味しさ。

耐火ガラスの扉の向こうに見える赤々と燃える炎のゆらぎや木が燃える音には、何物にも代えがたい深い癒やしがあり、ストーブを中心に家族が同じ場所に集うことで、自然と会話が増える。

さらに、薪の調達、薪割り、薪の保管に始まり、焚き付け、熾火の維持など、薪ストーブのある暮らしを中心に、さまざまな作業と役割が生まれる。ほのかに漂う木の香り、広葉樹のずっしりとした重み、樹種ごとの木肌の違いなどを感じながら五感を刺激する生活は、日常のストレスから心を解きほぐしてくれることだろう。

「家族みんなが食に関心があり、食べることが大好き」というMさんご一家の冬の楽しみは、薪ストーブを使った料理。旬の食材をシンプルに焼いたり、手間暇かけて調理したりして、できたて熱々の料理を家族みんなで頬張る時間は、薪ストーブのある家ならではの冬の至福のひとときだ。 

その日あったことを話しながら食事を楽しむMさんご一家。火を囲んでみんなで一緒に食べる。
お気に入りのハンモックに揺られて微笑む娘さん。
2匹の兄妹ワンちゃんとともに、ゆったりした時間を過ごすMさんご夫婦。家で過ごす何気ない時間が何よりの幸せだ。

スイベル制作オフィス
〒929-1215かほく市高松ヌ51
tel: 076-282-5532
https://swivel.style

住まいの提案、石川。特集記事一覧 特集記事一覧

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 津幡町 vol.2号特集記事

石川県のほぼ真ん中に位置する津幡町。金沢に隣接する人気のベッドタウンで、近年は若いファミリーの移住者が増えています。町役場のご担当者に「選ばれる理由」をお伺いしました。
食と空間 File.2

食と空間 File.2

パンケーキを中心に珈琲や季節のランチを楽しめる『たまごのゆめ』ではシンプルで落ち着きのある空間に自然光がたっぷり入るたくさんの窓。窓の向こうには静かな町並みと鶴来の山々、シンボルツリーである松の木を眺めることができる。
朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

朝から夜までずっと温もりに包まれる幸せ「桐工房」 vol.08号特集記事

桐工房で家を新築し、床下エアコンを採用したMさんご一家は、快適な冬を迎えている。以前住んでいた家では、冬の朝は鼻が冷たくて目が覚めていましたが新しい家の性能に満足している。
冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

冬も明るい 2階リビングの家 「HANDS STYLE」vol.08号特集記事

薄っすらと雪化粧した外の景色を眺めながら、家族の時間を楽しむひととき。壁一面に配した窓から、白山麓の景色を室内へと取り込むS邸は、自然を身近に感じる家。家の裏手が市街化調整区域という条件を生かして最大限に開放感のある空間を作り出している。
家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

家族の時間を変える火のある暮らし 「スイベル」vol.08号特集記事

薪ストーブから始まる冬の1日 かほく市で注文住宅の設計施工を手掛けるMさんご一家の冬の1日は、薪ストーブの焚き付けから始まる。十数年にわたる薪ストーブユーザーであるMさんご夫婦にと...
食と空間 File.1

食と空間 File.1

食の職人は、食だけにこだわっているか。建築の職人は、建築だけにこだわっているか。あらゆるジャンルにとことんこだわる職人がいる。「食」と「空間」の美、石川の魅力的な店舗を巡る。 OU...
この街で、心地いい暮らし – 能美市 vol.07号特集記事

この街で、心地いい暮らし – 能美市 vol.07号特集記事

「どの街で家を建てるか」は「どんな家を建てるか」と同じくらい人生を左右する重要なポイントです。石川県内の市町をクローズアップし、その魅力や暮らしやすさについてご紹介します。 能美市...
料理がもっと楽しくなる家族みんなのキッチン vol.07号特集記事

料理がもっと楽しくなる家族みんなのキッチン vol.07号特集記事

吹き抜けのある開放的なLDKに置かれた造作キッチンを中心に、ダイニング、ウッドデッキ、庭へとつながるM邸。キッチン上には2階の空間とつながる室内窓が設けられ、1階のリビングや和室だ...